なかしま歯科医院の、なるべく歯を抜かない治療をご紹介します。

tel:0561825889
アクセスマップ 瀬戸市松原町
ニュース 新着情報
抜かない治療
抜かない治療

歯は抜いたら二度と元に戻りません。大切な歯を長く守るために、なるべく抜かない治療を心がけています。

拡大鏡サージテルによる精密治療

通常の歯科医院では3倍の拡大のところ10倍拡大して治療を行います。
拡大鏡サージテル

細かな作業をする歯医者だからこそ、正確な治療が必要とされます。
よく見えた方がよい治療ができることは明確です。
通常の歯科医院では3倍の拡大鏡を使用していますが、なかしま歯科医院では保険診療にあたっても10倍の拡大鏡サージテルを使用して治療を行います。
手術用顕微鏡「マイクロスコープ」にも匹敵する精度を持っています。

CTを利用した、より正確な診断

歯科用CT

的確な治療を行うために正確な診断を行う。そのために必要なのが歯科用CTです。
従来のレントゲンでは正面からの撮影のみでした。しかしCTでは断面、3D、360度どの角度からでも撮影が可能なため、複雑な歯の根や顎の骨の状態などを鮮明に、より精密に検査できます。また、歯科用CTは被曝線量がかなり低く、立ったまま短時間で撮影できるので、お身体へのご負担も軽減できます。

低被曝 高精細
歯科用CT

院内にCTがある歯科医院は全国の歯科医院の1%未満と言われています。高精細の写真をご自身で確認することができるので、納得して治療をうけていただけます。
歯を抜かなければならないと言われた方でも、CTで精密に検査することによって、抜かずに済む場合もあるので、「できるだけ歯を抜きたくない」「大切な歯を残したい」そうお考えの方は、ぜひご相談ください。

歯の神経を保護するMTA

MTA

MTAとは・・・

MTA(mineral trioxide aggregate)とは、虫歯や歯科治療によって歯の底に穴があいたり歯にひびが入った時などに使用する、歯科用の水硬性セメントです。
日本では覆髄に対してのみ薬事認可が下りました。

MTAで抜かずに治療

歯の根(根管)に穴が空いていた場合、CTを活用すればその小さな穴を発見し、MTAで修復することができます。しかも、MTAには殺菌作用や硬組織形成作用があり、穴をふさぐだけでなく、治癒させていく力もあるのです。

根幹治療

歯を失わないための治療 セレック

10年後も96%の高い残存率
cerec セレック

今まで多くの方が選択されてきた銀歯や金歯で治療をした場合、その歯の平均寿命は23.7年です。例えば、6歳で虫歯になった歯を銀歯や金歯で治すと、平均29歳までにその歯を損失してしまうことがあるのです! しかし、セレックは10年で96%、30年で約90%の高い残存率を誇ります。

銀歯や金歯、プラスチックのデメリット
  • 健康な歯を大きく削ってしまう
  • 帯電性があるため、細菌がつきやすい
  • 天然歯と熱膨張係数が異なるため、ひずみが生じる
  • 金属と天然歯は接着力が弱い
  • プラスチックは少ない量だと収縮量も少なく良い治療だが、多い量(削った穴が大きい)だと収縮量が多いため、隙間を作ったり、クラーク(ヒビ)が入る可能性がある
虫歯の原因は細菌
隙間やヒビがあると、細菌感染を防ぐのは難しく、虫歯のリスクは当然高くなります。
平均29歳で歯を失う
繰り返す虫歯から抜け出そう!虫歯の負の連鎖を止めるのが、セレックの一つの役割です。
セラミック治療のメリット
セラミック治療
  • 健康な歯を削らなくても接着できる
  • 汚れが付きにくく、虫歯になりにくい
  • 神経治療をした歯の、特に被せ物の場合、
    半分以上自分の歯を残せることがある
  • 破損に強い
  • 10年後も96%の残存率
  • 天然歯とほとんど変わらない見た目
1日で治療が完了するため虫歯の再発を防ぎます。歯を残していくための新しいセラミック治療です。
スタッフ募集中 歯科衛生士 歯科助手
診療案内
痛くない治療
抜かない治療
削らない治療
なかしま歯科医院のポリシー
セレック
院内感染予防
小児歯科 マタニティ歯科
夫婦で診療しています
なかしま歯科医院の新着情報

ホームクリニック紹介診療案内痛くない治療抜かない治療削らない治療セレックインプラント小児歯科設備紹介スタッフ紹介スタッフ募集

ページの先頭へ戻る