一般歯科・根管治療

患者様の気持ちに寄り添って

患者様の気持ちに寄り添って

「歯医者が怖い」という人の中には、過去の治療経験がトラウマになっていることも少なくありません。

当院では、緊急時を除いてまずカウンセリングを行い、患者様のお話をじっくり伺うことで不安な気持ちに寄り添い、一つひとつ不安なことや心配なことを解消していくようにしています。

また、恐怖心があると余計に痛みを感じやすくなるため、治療中にもちょっとしたお声掛けをするなど、患者様にリラックスしていただける環境づくりを心掛けております。

5つのこだわり

表面麻酔で痛みを緩和

当院では、歯科治療を行うときに麻酔の注射をするだけでなく、注射の痛みを緩和するために粘膜の表面に塗る表面麻酔も使用しております。表面麻酔は塗るタイプの麻酔なので、痛みはありません。

針のない麻酔器

一般的に麻酔液を注入するには注射を使用しますが、当院では無痛治療で使用される針のない麻酔器である「シリジェット」という機器も使用しております。

痛みが少ない温度に保つ

麻酔液と体温に差があると、麻酔液を注入するときに痛みが出やすくなります。そのため、当院では麻酔液を人肌にあたためることにより、麻酔を注入するときの痛みを軽減しております。

超極細針の使用

当院では、麻酔をするときに、身体に刺しても気づかないような細さの針を使用することで麻酔液を注入する痛みを緩和するよう努めております。

電動麻酔注射器で痛みを抑える

当院では、麻酔の注射を打つときに急激に注入しないよう、コンピューターで注入速度をコントロールできる電動麻酔注射器を導入しております。これにより、麻酔注入時の痛みを抑えることができます。

確かな技術で行う麻酔注射

確かな技術で行う麻酔注射

麻酔注射は、技量のある医師であれば痛みを感じにくい場所を狙って打つことができます。当院では、針の細さや麻酔液を注入する速度だけでなく、針を刺す位置にもこだわり、麻酔注入時の痛みを徹底的に軽減するための工夫をしております。

これも、大学病院や他院での長年にわたる診療経験と技術がなせる技であると考えております。

根管治療

根管治療

歯の内部には「歯髄」という、血管や神経を含む組織があります。この部分がむし歯や外傷などにより細菌感染したり、壊死したりしてしまうと、歯を残して歯髄だけを取り除く「根管治療」と呼ばれる治療が必要になります。

MTA

歯の底に穴が開いたり歯にひびが入ったりしたときに、歯を修復するための歯科用セメントです。
MTAには殺菌作用があり、またカルシウムを持続的に放出することによって硬い組織をつくるはたらきもあるので、歯の修復や治癒に最適な素材であるといえます。

トライオート(根管拡大用エンジン)

神経の通り道を効率的に清掃・拡大するためのドリルです。これを使うことにより、従来では抜歯が必要とされていたような深いむし歯でも、治療して歯を温存することができる可能性が高くなります。

ルートZX mini(根管長測定器)

歯の根っこの先端の位置を測定するための器具です。根っこの深さを正確に把握することにより、根っこの先端まで詰め物をして後々痛みや腫れがでてくるのを防ぎます。

page top